一人 寂しい 夜

夜、一人でいるのが寂しいときには?

「夜」という時間帯は、一日の中でももっとも「寂しさを感じやすい」時間帯だと言われています。暗くなって一日が終わる時間ですし、基本的に夜はやることもありません。「寝るだけ」というのも、寂しさを後押ししているように感じます。

 

夜に一人でいるのが寂しいと感じるのは、

 

  • 一人暮らしを始めた直後
  • 恋人と別れた直後

 

などが多いです。今までは家族の誰かがそばにいた、誰かとしゃべっていた人が、急に一人になって話し相手がいなくなったとしたら…寂しいと感じますよね。また、恋人と一緒に住んでいて別れた人はもちろん、一緒に住んでいなくてもメールや電話をする人が急にいなくなるわけですから、それは寂しさを感じるでしょう。夜に寂しさを感じるとき、それは「やることがない」ときなのです。

 

一人寂しい夜の過ごし方

 

では、一人寂しい夜はどのように過ごしたら良いのでしょうか。今まで恋人と過ごしていた人はベッドが広く感じるでしょうし、冬なら気温以上に寒く感じてしまいます。そんなときには、

 

  • 友人に電話をする
  • おいしいものをお腹いっぱい食べる
  • お酒を飲む
  • ゆっくりお風呂に入る

 

などがおすすめです。自分の負担にならない方法で、寂しさを和らげればいいのです。特にゆっくりお風呂に入るのはおすすめですよ!好きな香りの入浴剤を入れたお風呂にゆっくりと入れば、自然とリラックスできます。食べ過ぎやお酒の飲みすぎは健康を害する恐れがありますが、お風呂はむしろ健康にも良いことですね。

 

その他には、気軽にメールや電話ができる新しい友達を見つけるのも良いでしょう。インターネットの出会いコミュニティーサイトで、新たな出会いがあるかもしれませんよ。なんとなく「出会いコミュニティーサイト=危険」だと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

安全性の高いサイトを選べば、メル友や恋人を作ることはできますよ。実際にネット恋愛で結婚にまで至ったケースはたくさんありますし、今は珍しいことではありません。誰かと繋がっているという実感が持てれば、「夜が一人で寂しい」と感じることもなくなるのではないかな、と思います。