一人 孤独 寂しいとき

一人が孤独で寂しいときには?

ふとしたときに、なぜかものすごく寂しく感じたり、一人でいることが辛く感じることはありませんか?「寂しい」や「孤独だ」と感じることは人間なら誰にでもあることです。とは言え、時には「孤独に押し潰されそうになる」ほど寂しくて辛いときもあると思います。そんなときに「少しでも寂しさを和らげる」ためには、どうしたら良いのでしょうか。

 

そもそも、「どんなとき」に「一人でいることが孤独で寂しい」と感じるのか、そこから考えてみましょう。もちろんそれは人によりますが、多くは

 

  • 恋人と別れた直後
  • 一人でごはんを食べるとき
  • 仕事が忙しくて、帰宅が夜遅くになったとき(誰もいない部屋に帰るとき)
  • 友人が結婚したとき
  • 仕事が休みで特別やることがないとき

 

などに強い孤独感や寂しさを感じるようです。

 

つまり、「一人なんだと実感するとき」や「やらなければいけないことがない(暇な)とき」ということです。特に恋人と別れた直後や、友人が結婚して予定が埋まらなくなったときには「一人」が強調されてしまい、寂しさも強くなりますね。

 

孤独で寂しいときには…

 

先ほどお話ししたように、「孤独感」や「寂しさ」を感じるのは、「何もやることがない」ときなのです。つまり、忙しくしていれば寂しさを感じる暇もないのです。ですから、寂しいときにはあえて「行動」してみましょう。なんでも良いのです。家の周辺をランニングしてきてもいいですし、凝った料理やお菓子を作って楽しむのも良いでしょう。また、意識して「笑う」ことも大切です。笑顔を作ると、脳が「楽しい」と錯覚を起こすのです。

 

他には、「一人だ」と感じなければいいのですから、インターネットの出会いコミュニティーサイトでメル友を見つけるのも良いでしょう。健全な出会いコミュニティーサイトなら、良い出会いがたくさんあると思います。ただインターネットをつなげて見ているだけでも、暇潰しにもなりますよね。良い人と出会えれば、寂しいときに話し相手になってくれる新たな友達ができるかもしれませんよ。