一人 孤独 寂しい 病気

一人でいることが「孤独で寂しい」と感じるのは病気?

さて、突然ですが「一人でいること」が妙に寂しく感じたり、孤独感を感じてしまうことはありませんか?心やからだが疲れていて弱っているときや、病気のときには「孤独で寂しい」と感じやすいと言われています。突然たとえようもないほどの「強い孤独感」に襲われると、人はものすごく「不安」になるものです。

 

特に風邪を引いたときや病気になったときに部屋に一人でいるのは、とても辛いですよね。誰も看病してくれない、誰もお見舞いに来てくれないという環境は、寂しさを強めるばかりです。どんなに具合が悪くても自分でごはんを作らなければならないのは、とても辛いですし寂しいと感じてしまうでしょう。こんなとき誰か側にいてくれたら…と思いますよね。

 

場合によっては「うつ病」の可能性もある

 

「病気のときに孤独で寂しく感じる」のではなく、もしかしたらその寂しさは「病気の始まり」かもしれません。急に寂しさや不安に襲われたり、眠れないなどの症状があるときは「うつ病」の可能性もあります。うつ病になりかけているという状態かもしれません。「たかが寂しさ」と放っておくと、取り返しのつかないことにもなりかねないのです。

 

ですから、できることなら「うつ病」なる前に寂しさを和らげる「なにか」を見つけておくことが大切です。おすすめは「趣味や生きがいと呼べるものを見つける」ことと「新しい友達を作る」ことです。

 

特に後者の場合、インターネットを使うととても便利です。同じような環境の人や、自分と同じように一人で孤独を味わっている人もたくさんいます。それだけでも、「自分は一人じゃないんだ」と孤独感が和らぐことでしょう。セキュリティのしっかりした、安全性の高い出会いコミュニティーサイトを使えば、「実際に会えるメル友」も作れると思います。

 

新しい友達ができ、メールや電話をするようになれば、自然と孤独感はなくなっていくはずです。「孤独感や寂しさ」が新たな病気を招いている可能性は十分にあるので、まずはそれらを和らげることが大切です。インターネットの出会いコミュニティーサイトを使って、寂しさを忘れるほどの「良い出会い」を見つけてみませんか?