一人 寂しい 20代

一人が寂しい20代の対処法について

20代を「一番楽しい時期」と答える人も多いなど、20代はとても活動的で、ハツラツとした年代です。しかし、中には「一人で寂しい」と感じている人がいるのも事実です。たとえば同じ年代の人たちが楽しそうにしている姿を見て、「自分にはあんなふうに騒げる友達がいない」「なんで自分は一人なんだろう」と回りと比べてしまうのです。比べてもどうしようもないことなど分かっているので、なおさら「寂しさ」が募るのだと思います。

 

今まで頻繁に遊んでいた友人に彼氏や彼女ができて友人と会う機会が減ったり、仲の良い友人に「自分以外の人との約束」があることを知ると、妙にむなしい気持ちになったりします。「私はあなたとの予定しかないのに、あなたには他にもたくさん予定があるのね」と、半ば八つ当たりにも似た寂しさが募るのです。

 

そして、20代で「一人で寂しい」と思っている人は意外と多いものです。特に大学生や就職などで一人暮らしを始めると、突然「ものすごい寂しさ」に襲われることがあります。昼間は大丈夫だけど夜になると寂しくて…という人はたくさんいるんですよ。そこで、20代の人におすすめの「一人の寂しさの対処法」についてお話ししたいと思います。

 

一人が寂しいと感じる20代はどうするべき?

 

20代という若い人の場合、一人でいることを忘れられるほど「没頭できる趣味」を見つけたり、新たな友達を作って物理的に「一人ではない状態」を作ることがおすすめです。

 

ここでいう趣味は、「自宅で一人で」できるものを見つけましょう。マンガやゲームに浸るのも良いかもしれませんね。好きなことが見つかれば、自然と一人の時間は苦ではなくなりますよ。
また、20代なら、これからまだまだ新しい出会いが期待できる年齢です。特に女性の場合、合コンや街コンでも「若さ」は非常に有利ですから、若さを武器に新たな出会いを探してみるのも良いでしょう。

 

もちろん最近話題になっている「ネット恋愛」も良いと思います。回りの人に「一人で寂しいと思われたくない」という人には、ネットのほうがおすすめですね。ネットは一人でできますし、そもそも「ネット」そのものが寂しさを忘れさせてくれるかもしれません。

 

出会いコミュニティーサイトも今はたくさんあり、危険なものばかりではありません。優良な出会いコミュニティーサイトを選べば、メル友や恋人を作ることは可能なのですよ。実際に出会いコミュニティーサイトで知り合った人と結婚したというケースも、今では珍しいことではありません。

 

「一人で寂しい」と思っているのなら、ぜひその寂しさをきっかけに一歩を踏み出してみてくださいね。