一人 寂しい 30代

一人が寂しい30代の人が増えているって本当?

30代になると、人生のターニングポイントを迎える人が多くなります。結婚や出産などもそうですし、仕事の面でも重要ポストに起用されることもあるでしょう。忙しく働いているときには不思議と何ともないものですが、ふとしたときに「寂しさ」を感じてしまう人もいるのではないでしょうか。「一人が寂しい」と思うことは、おかしなことではありません。むしろ普通のことです。ここでは「一人が寂しい30代」の人の特徴や、その対処法についてお話ししたいと思います。

 

30代で「寂しさ」を感じるのは忙しさが一段落して一人を実感したとき


現代の日本では晩婚化が進み、男性の初婚年齢は30歳、女性は28歳です。つまり、この前後の年齢が「結婚適齢期」と呼ばれるわけです。適齢期というだけあって、この時期に結婚する人は多いですよね。

 

職場の人や友人などの「結婚ラッシュ」がとりあえず一段落すると、その時点での独身者は「取り残された気分」になってしまうのです。忙しさが一段落すると、妙な寂しさが募ってしまいますね。30代が「一人で寂しい」と感じるのは、このように「忙しさが一段落して一人を実感したとき」がもっとも多いのではないかなと思います。

 

また、友人の結婚などで「今まで気軽に遊べた友人と会いにくくなった」ことも、30代が寂しさを感じる瞬間です。

 

では、「一人が寂しい」と感じたらどうすれば良いのでしょうか。もちろん出会いを求めて自ら行動することは大切です。しかし、合コンでも婚活パーティーでも、男性の目線はどうしても「若い人」に行ってしまいます。そうなると更に強い寂しさを感じてしまうでしょう。ですから、合コンよりも「インターネット」を使ってみてはいかがでしょうか。

 

健全な出会いコミュニティーサイトなら、メル友や恋人を作ることもできますよ!もちろん出会いコミュニティーサイトの中にはアダルトオンリーなものもありますし、危険なものもあります。どの出会いコミュニティーサイトを使うか、は非常に重要なことでもあります。良いサイトを使えば、30代だって恋人と出会うことができるのです。

 

「一人が寂しい」と思ったら、そのときが「動くとき」なのではないでしょうか。もう30代なのですから、自分で動かなければ何も変わりません。オンラインでメル友や恋人ができれば、寂しさも紛れるのではないかなと思います。