一人 寂しい 結婚

友人の結婚で、一人が無性に寂しくなる?

今まで仲良くつるんでいた友人に彼氏や彼女ができたとき、なんだか妙に寂しさを覚えることがあると思います。特に友人が恋人に夢中になっていて、「自分よりも恋人を優先している」となると、なおさらですよね。ただ、本当に仲の良い友人ならば、たとえ恋人ができてもあなたのことも大切に思ってくれています。別れたときには真っ先にあなたのところに来るのではないですか?

 

しかし、友人が「結婚した」としたらどうでしょう。結婚適齢期でもあるアラサー頃には、おそらく「結婚ラッシュ」がやってきます。結婚式のお呼ばれが続いてバタバタしているときには不思議と感じない「寂しさ」も、ラッシュが一段落するとズシッとのし掛かってくるものです。このときに感じる寂しさの多くは、

 

  • 自分だけが取り残された感じ
  • 一生独身かもしれないという焦り
  • 友人を(結婚相手に)取られた

 

というものでしょう。結婚適齢期を過ぎていれば、「取り残された感じ」や「一生独身かも」という焦りは相当なものになるのではないでしょうか。「人の幸せを素直に祝えない自分」に対して、更なる寂しさや嫌悪感を抱いてしまう人もいるかもしれません。そんなときに寂しさを和らげるには、どうしたら良いのでしょうか。おすすめの方法をご紹介します。

 

心に余裕を持つ

 

「寂しさ」に打ち勝つためには、やはり心に余裕を持つことが先決です。趣味などに打ち込むのも良いと思います。また、友人の結婚に対してほんの少しでも「羨ましい」気持ちがあるのなら、結婚に向けて恋人探しをするのが良いでしょう。アラサー世代以上なら「結婚相談所」を利用するのも一つの方法ですが、もしかしたら「必死感が余計に寂しい」と感じるかもしれません。ですから、結婚相談所よりもハードルの低い「出会いコミュニティーサイト」を利用するのはいかがでしょうか。

 

まじめな恋愛を応援サポートしてくれる出会いコミュニティーサイトなら、友達から始めることができます。出会った人と必ずしも結婚までたどり着くかは分かりませんが、自分のプライベートが充実していれば友人の結婚も素直に喜べるようになりますし、寂しさを感じることもなくなると思います。出会いコミュニティーサイトの中でも、「マッチング」サイトが安全でまじめな人が多くておすすめです。