一人 寂しい 泣く

泣けるほど一人が寂しいときには?

突然ですが、「泣けるほど一人が寂しい」ときはありますか?昼間仕事を頑張って帰宅したときや、「誰もいない」ことを実感したときなどきっかけは人それぞれ違います。それでも、泣くほどの寂しさに襲われるときというのは、誰にでもあるものだと思います。

 

  • 夜、誰もいない部屋に帰宅したとき
  • 一人寂しくごはんを食べているとき
  • 風邪など病気になったとき
  • 寝る前
  • 思わず将来が不安になったとき

 

などに、一人で寂しさを感じやすいと言われています。

 

「泣く」ことは恥ずかしいと思っている人もいるかもしれませんが、泣くことは決して悪いことではありません。むしろ素直に「寂しい」という感情を出して泣けることは、良いことなのです。「泣く」ことはストレス解消にもなりますよ。とはいえ、泣いたあとに一人きりでいるのは辛いと感じるかもしれませんね。そんなときにはどうしたらいいのでしょうか。

 

話を聞いてくれる「誰か」を見つけよう!

 

泣いたあとに「そばにいてくれる誰か」、「話を聞いてくれる誰か」がいると、寂しさはだいぶ違います。泣くほど寂しさを感じているときは、「自分は一人きりなんだ」と強く感じているときです。そんなときに「誰か」がいてくれたら、気持ちはだいぶ軽くなりますよね。

 

友達でも恋人でも、自分のことを分かってくれる誰かに電話をするのも良いでしょう。もしもそのような相手がいないのなら、出会いコミュニティーサイトを上手に使って相手を探してみるのはいかがでしょうか。今はネットで恋愛をするのは珍しいことではありませんし、まじめな恋愛を応援するための出会いコミュニティーサイトもたくさんあります。そのようなサイトを使えば、メル友恋人を作ることも可能です。「泣くほど一人が寂しい」と感じているのですから、「一人じゃない」という状況を作れば良いのです。そうすれば、寂しさも少しは和らぐのかなと思います。

 

時には思いきり泣くのもおすすめです。泣いたあとにスッキリするためには、やはり「誰かと繋がる」ことが大切なのです。いつでもメールや電話ができる誰かがいるだけで、「寂しい」と素直に言えるようになるのだと思います。